知られていない法廷画家の役回り

–¼Ì–¢Ý’è-2法廷画家とは、法廷内の様子を描く画家のことです。特別な資格などは必要ないが、仕事にする場合には相応の技術と、作画のスピードが求められます。
日本では、規則によって裁判中の裁判長の許可を得ずに法廷内で写真を撮影することができず、通常裁判が開廷しているときに写真撮影が許可されることはないのです。そのため裁判の様子を知るためには、法廷内を描いた様子の絵画が重要になり、描かれた絵はテレビや写真などで伝えられるようになるのです。
法廷画家を行うのは、主にイラストレーターや漫画家、そのほか新聞社や放送局などの社員で絵が得意な人が担当しています。
できるだけ素早く、写実的に描くもので特徴的な絵になります。
以前は、鉛筆やペンで描いた後、会社などで色入れをするのが主流でしたが、現在ではグラフィックソフトで色を付けて、メールで新聞社に送るなどするのが一般的になっています。
1回の裁判に描く絵は約10枚ほどと言われており、事件の大きさによって報酬は異なります。
悲惨な事件もあるため「社会的正義」がないと長く続けることのできない仕事だともいえます。
作画を行うスピードが求められるが、被告が裁判をどのような態度で裁かれるのか、反省しているのかを伝える社会的意義のある仕事です。