Archive for the ‘未分類’ Category

なるために必要な資格ってあるの?

法廷画を描く仕事をするために必要な資格はなく、何も資格を保有していなくても仕事をすることができます。ただし、絵を描いてお金をもらう仕事に就いていて、その仕事ぶりが報道関係者に注目されなければ法廷画を描く仕事をすることはできません。報道関係者の目に留まるかどうかは運も左右するため、この仕事ができるようになる条件はシビアであるといえます。
法廷画を描く人の多くは、漫画家やイラストレーター、報道機関で勤務している社員で、報道関係者からの依頼を受けて裁判所へ法廷画を描きに行っています。法廷画を描く仕事では、法廷内の様子や被告人らの表情については第三者が絵を見ただけでも分かるくらいの正確さが求められます。また、開廷中の限られた時間に何枚もイラストを描くことができるスピードも求められます。そのため、資格が不要な仕事とはいうものの、絵を描く仕事に何年も携わっている者でなければ、仕事をこなすことは不可能であるといえます。
法廷画を描く仕事をしている人は、ほぼすべての人が普段は本業で収入を得て生活をしています。法廷画の描画依頼は、依頼が集中する時期もあれば、全く依頼が来ない時期もあるため、収入が不安定になりがちで、法廷画の描画の仕事による収入で生計を立てることは非常に難しいからです。

見る際の注意点

ただ見るだけじゃわからないときは、一番大切な所を別紙に書き取り、辞書で調べます。
すると、よく理解ができて、文章読解力もつきます。
打ち合わせの時の注意点は、手ぶらで打ち合わせに向かうのは、やめましょう。
打ち合わせの内容を細かく書いておくのがベストです。そうすれば、やる気の姿勢も見えますし、ついうっかり忘れてしまった時に困りません。打ち合わせの時にメモの取り方の注意点なんですけど、打ち合わせの内容をすべて書くことが大切なのですが、立ったり、座ったりする動作や歩く動作など、仕事に関係のないことをメモするのは、やめましょう。仕事に関係のないことを書いてしまうと、その書いてしまった分、仕事に必要な大切な内容が書けなくなってしまいます。それでは、たいへんです。
メモをとる時は、仕事にまつわる話の中で自分に必要な内容だけを書きましょう。
そうすれば、仕事をする時に、目も見れば、一目瞭然分かります。ついうっかり打ち合わせで頼まれたことを忘れてしまった時でも、
メモをとっておけば、内容を確認できます。メモは、なくさないように、クリップでほかの紙と一緒にとめておくなど、工夫をしましょう。
そうしておけば、風でメモした紙が吹き飛ばされるようなことはありません。

漫画家との違い

法廷で人物を描くにあたり、漫画家が人物を描くのと違う点は、人物をわざと魅力的に描いたり変にデフォルメして描いたりしないというところです。
まず漫画家が人物を描く場合、キャラクターを読み手に識別させるという意味でも、それぞれの特徴を出すことが重要となってきます。背が高い低い、目が大きい細いなど身体的な特徴や、自信が満ちあふれる感じや眠そうな感じなど表情などの違いを出してキャラクターを仕上げていくことは、そのビジュアルで「この人物はどんな考えを持っていて、こういう性格である」ということを示します。つまり漫画での人物画、「キャラクター」とは見た目そのものが、例えば髪の毛の色合い一つでも「元気な性格」であるとか「清楚な性格」であるとか「もの静かな性格」であるとか、見た目そのものが読み手に特定のイメージを与える記号になっているのです。
それに対して法廷画とは、テレビや新聞、雑誌など報道機関で世の中に出される、写真の代わりともいえる画像です。なので、例えば法廷に上がる人物が凶悪犯だからと言って変に悪人顔に描いたり、逆にとても反省しているからと言って、しょんぼりしている表情を強調して描いたりといったことは良くありません。あくまで見たそのままの表情や、動作を、そのままスケッチして世の中に伝えることが重要です。つまりその画の中に、自分の感情を盛り込まないことも大切なポイントなのです。

打ち合わせと描き方

法廷画は、テレビ局側が利用をすることが多いために、打ち合わせが必要になります。事前の打ち合わせもありますが、裁判所のロビーなどで打ち合わせが行われることもあります。たとえば、遺族側を意識したものなど法廷画家に希望を伝えることもあります。スタッフの希望にふさわしい法廷画にするためにも、構図を意識した描き方が必要になります。法廷画家というのは、需要に合った書き方をするためにも、事件のついて前もって情報を入手しておく必要もあります。大きな事件の初公判というのはとても注目を集めるものです。手短に正確に伝わるわかりやすい法廷画を描く必要があります。カメラマンの代わりに、公判の模様を伝えなくてはなりません。画材には決まりがありません。鉛筆や色鉛筆、マジックなど人によって使用するものは異なります。一番早いのは、下書きに水彩をのせるという方法です。この方法は、多く取り入れられています。チェックポイントと成るのは、服装や髪型などわかりやすいものです。そして、表情というのも大切です。そして、見えない角度の部分も想定をして描くこともあります。短時間で、特徴を捉えることは重要です。その特徴を頭の中に記憶して描く技術が必要になります。

持ち物の手荷物検査とその厳しさ 

東京高等裁判所・東京地方裁判所・札幌高等裁判所・福岡地方裁判所、最高裁判所などでは、職員や事件当事者に対する暴力行為を防ぐために、玄関で、金属探知機やX線を使った持ち物検査が行われています。
法曹関係者(裁判所職員・検察庁職員・法務省職員・弁護士・司法修習生)と一般人とでは入場ゲートが異なり、一般人は、検査ゲートを通過し、手荷物検査を受けないと入庁できないようになっています。
弁護士と違い、同じ法律の士業でも司法書士や行政書士は、検査ゲートを通過する必要があります。
訴訟の当事者本人も、検査ゲートを通過する必要があり、弁護士の信用度は極めて高いということになります。
ただし、弁護士事務所職員の身分証明書(所属の弁護士会に申請をして発行されるもの)があると、雇っている弁護士が責任を負うので、弁護士でなくても一般入り口以外から入庁ができるようになります。
ニュースなどで取り上げられる裁判があると、傍聴人が多くなるので、入庁の際は時間に余裕をもつ必要があります。
持ち物でも法銃砲刀剣類は当然禁止されていますが、筆記用具やカメラの持ち込みは可能です。しかし、持ち込み可能と使用可能とは別問題です。
法廷では、裁判長に法廷警察権(裁判所法71条)が認められており、法廷の秩序を維持するために必要な処置を行うことができます。開廷中に法廷内を撮影することは禁止されていて、裁判長の許可を得れば録音は可能ですが、許可が出ることはまずありません。
現在、法廷でメモを取ることは、憲法21条の知る権利で、一般傍聴人にもメモが認められています。

傍聴と抽選とその当選確率

通常の裁判は、裁判官席と被告席、原告席、証人席と傍聴席とに分かれて設定されています。このうち、裁判の当事者であるかないかに関わらず、国民すべてに解放されているのが傍聴席です。では、なぜ裁判の関係者でもない人が、裁きの過程を目にするとができるのでしょうか。それは、全ての国民に、裁判が正しく行われているかということを監視する権利が与えられているからです。裁判に利害関係を持たない第三者の客観的な視点を加えることで、裁判の公平性や透明性を確保しているのです。傍聴を希望する際には、裁判の当日に、裁判所前で配布される整理券を手に入れる必要があります。通常の裁判では、整理券を手に入れればほぼ間違いなく当選となりますが、社会的注目度の高い裁判の場合には希望者が殺到するので、傍聴の権利は抽選によって与えられることになります。例えば、芸能人が犯罪に関わっているような事件では、その芸能人を一目見ようと、希望者が殺到する場合があります。また、新聞やテレビで報道されるような重大事件や猟奇性の高い犯罪の場合は、報道記事を作成するためにマスコミ関係者が数多く訪れるので、抽選により傍聴者が決められることになります。裁判の雰囲気を味わってみたい場合は、あまり話題性のない裁判を選ぶといいでしょう。

事件が起きた時の役割

殺人や強盗強姦や放火などの重大犯罪の刑事事件が起きた場合には、刑事裁判になります。
重大事件が発生した場合は、警察と検察が犯人を逮捕して、犯罪捜査を行い検察が刑事裁判を起こします。
重大事件の場合は、被告人にも弁護士がつくことから、裁判の期間も長くなります。
また、現在では特定の重大犯罪は裁判員裁判となっているので、審議にも時間がかかることがあります。
刑事裁判になると、傍聴席は抽選または関係者が傍聴することができるのですが、裁判の円滑に進め、被告人の権利を保障する必要もあることから、ビデオカメラやカメラなどで法廷内を写真撮影することができません。
重大犯罪は、マスコミも大きく報道し、国民の関心も高いことから、被告人の態度などが法廷内で反省しているのか反省していないかを伝える必要があります。
このため、カメラなどで撮影できないことから、法廷画を描く人が被告人の表情や態度を絵に描いています。
絵に描くことによって、マスコミも被告人の態度などを映像で見せることができるので、視聴者にもわかりやすく伝えることができるのです。
重大犯罪の刑事事件は上告されることも多く、そのたびに被告人の態度を絵に描いて伝えることはとても重要なことです。

仕事について

日本では法廷内でのカメラ撮影が制限されていますので、被告人が入廷する前のシーンしか撮影することができません。そのため法廷内での被告人や、検察官の様子などをスケッチで描く、法廷画が採用されています。法廷画を専門に書いて仕事にしている人を法廷画家と言いますが、特別な資格は必要ありません。法廷画家でなくても、一般の人が傍聴する際のスケッチも認められています。
法廷画家に求められることは、どちらかと言えば絵が上手な人より、特徴を的確に捉えることの出来る人と言えます。予め画像や映像で被告人の顔を確認できているケースばかりではないので、頭でイメージしたら素早くスケッチできる人が求められます。法廷画家の仕事は、被告人が法廷内に入って来た瞬間から始まります。顔だけでなく被告の態度も観察し、主観を入れずに見たままの全体的な雰囲気が伝わるようにしなければなりません。
有名人など広く顔を知られている人の法廷画などを見ると、あまり似ていないと感じる人が多いですが、一般の人の場合も同じくらいの完成度です。これは似せて書けないのではなく、人権上の配慮や第三者からの危害を加えられることを防ぐため、詳細な描写はあえて避けることになっていて、リアル過ぎないのが良しとされているからです。

法廷画と写真の一致率について

日本の裁判において、写真や映像の撮影が許可されているのは、被告人と裁判員が入廷する前までです。そのため、裁判の様子は主に文章によって伝えられることになります。しかし、文章だけで説明するのが難しいことも多々あるため、報道関係者は漫画家やイラストレーターなどの絵のうまい者を法廷画家として雇い、裁判の様子をスケッチさせることが多いです。
法廷画家は傍聴席から裁判の様子をスケッチすることになりますが、写真と同じくらいの正確さで法廷の様子を描くのは非常に難しい作業です。裁判では被告人も傍聴人も裁判官の方を向いて着席しているため、傍聴席側から被告人の表情を見ることは、入廷時以外はほぼ不可能だからです。そのため、法廷画家の多くは法廷内の人や物を正確にスケッチするより、被告人の表情や法廷内の雰囲気を伝えることに重きを置いてスケッチを行っています。
なお、ニュースで大きく取り上げられるような注目の裁判では、記者クラブ側で用意されている席のうちの1つを法廷画家用に提供することがありますが、これは稀なケースです。傍聴希望者が多い裁判であっても特別扱いされることはなく、法廷画家も一般の傍聴希望者と同じように、傍聴券を手に入れるために抽選の列に並んでいます。