見る際の注意点

ただ見るだけじゃわからないときは、一番大切な所を別紙に書き取り、辞書で調べます。
すると、よく理解ができて、文章読解力もつきます。
打ち合わせの時の注意点は、手ぶらで打ち合わせに向かうのは、やめましょう。
打ち合わせの内容を細かく書いておくのがベストです。そうすれば、やる気の姿勢も見えますし、ついうっかり忘れてしまった時に困りません。打ち合わせの時にメモの取り方の注意点なんですけど、打ち合わせの内容をすべて書くことが大切なのですが、立ったり、座ったりする動作や歩く動作など、仕事に関係のないことをメモするのは、やめましょう。仕事に関係のないことを書いてしまうと、その書いてしまった分、仕事に必要な大切な内容が書けなくなってしまいます。それでは、たいへんです。
メモをとる時は、仕事にまつわる話の中で自分に必要な内容だけを書きましょう。
そうすれば、仕事をする時に、目も見れば、一目瞭然分かります。ついうっかり打ち合わせで頼まれたことを忘れてしまった時でも、
メモをとっておけば、内容を確認できます。メモは、なくさないように、クリップでほかの紙と一緒にとめておくなど、工夫をしましょう。
そうしておけば、風でメモした紙が吹き飛ばされるようなことはありません。

Comments are closed.