打ち合わせと描き方

法廷画は、テレビ局側が利用をすることが多いために、打ち合わせが必要になります。事前の打ち合わせもありますが、裁判所のロビーなどで打ち合わせが行われることもあります。たとえば、遺族側を意識したものなど法廷画家に希望を伝えることもあります。スタッフの希望にふさわしい法廷画にするためにも、構図を意識した描き方が必要になります。法廷画家というのは、需要に合った書き方をするためにも、事件のついて前もって情報を入手しておく必要もあります。大きな事件の初公判というのはとても注目を集めるものです。手短に正確に伝わるわかりやすい法廷画を描く必要があります。カメラマンの代わりに、公判の模様を伝えなくてはなりません。画材には決まりがありません。鉛筆や色鉛筆、マジックなど人によって使用するものは異なります。一番早いのは、下書きに水彩をのせるという方法です。この方法は、多く取り入れられています。チェックポイントと成るのは、服装や髪型などわかりやすいものです。そして、表情というのも大切です。そして、見えない角度の部分も想定をして描くこともあります。短時間で、特徴を捉えることは重要です。その特徴を頭の中に記憶して描く技術が必要になります。

Comments are closed.